読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

明治剣客浪漫譚

ときには日記も書きます。

 

今日、金曜ロードショーでやってた「るろうに剣心」を見た人多いんじゃないでしょうか。この漫画は私の世代にドンピシャなんですね。世代が分かっちゃいますけど。

 

当時はマンガでもアニメでも見てまして、下校時に傘で「牙突っ!!!」とかやってたのが懐かしいです(笑)

 

そんなわけでこの映画は映画館で上映された時はすごくわくわくしながら見にいきました。そして早いもでもうテレビ初公開です。

 

この映画ご注意頂きたいのは、原作の漫画とは結構ストーリーが変わってます。内容は細かくいってしまうと、見たことない人に悪いのでここでは書きません。少なくともマンガを読んでから映画を見た方がいいかな、ということ。映画では時間の関係で表現できてない箇所やキャラが結構あって、それらの背景を知りながら見た方が10倍楽しめます。

それだけ、マンガは内容が濃いということの裏返し。原作がある作品と映画の関係って、この映画だけじゃなくてどの映画でもそうだけど2時間の映画の時間にまとめようというのがそもそも無理な話なような気がします。

 

ココに注目して見てほしい!!

 

1、明治剣客浪漫譚

マンガのサブタイトル?がこれです。このサブタイトルかっこいいですよね(笑。舞台は明治の話で、歴史の授業で出てくるような明治維新志士の名前がごろごろでてきます。今の日本の礎をつくった明治の激動の時代の話です。もう歴史好きにはたまらないです。

 

2、剣術

実際にできないだろうけど、よくある時代劇とはまーーったく違う剣術。これだけで見ごたえあります。特に映画の方はこれをよくここまで実写で表現したなと感激するレベル。やっぱり日本人なら剣術だよね、って思いたくなる作品。

 

まあとにかく、見てほしい。そしてぜひ、マンガを読んだことない人は、そちらも読んでほしい。名作だから。