読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

車のマナー 危険あるある1

日記

 

どこの地方でも、どの地方独特の車の運転の悪い習慣というのがあります。皆さんも引っ越した先や旅行先、出張先で、ヒヤッとしたことがあるのではないでしょうか。

 

私が住んでいる地方で感じる一番危険な運転はこれです。

 

■黄色信号から赤信号に変わるタイミングでの進入が多い 

私の住んでいる地域は、100万人以上の政令市なのですが黄色信号からの進入がとにかく多い!ホントにに危険です!初めてこの地に来た時にはびっくりしました。

以前に住んでいたのは川崎市だったのですが、川崎市は多少はあったにせよ、あー危ない車がいるもんだな、くらいにしか感じませんでした。それくらい少なかった、要は例外でした。これはよくよく考えると、川崎や横浜は東京圏であり、地価も高く鉄道が充実しているから、ほとんどの人の普通の移動手段は電車であり、駐車場代が高く維持費もかかる車はいわばちょっとした贅沢品だからなんです。だから路上を走る車は、タクシーや営業車、トラックなどの業務車がほとんど。そうなると、会社のロゴを背負って走る車が乱暴な運転をすることができず、意外と東京圏を走る車はマナーはしっかりしているように感じます。

一方地方ですと、車が一家に一台はあたりまえ。場合によっては一人に一台なんてことも。そうなると、日常の通勤や買い物も車でという人が多く、運転が自分本位になってる人が多いんじゃないかと思うのです。