読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

新国立競技場 海外サイトでは「愛称“ハンバーガー”」 

 

こんにちは!

 

先日決定した新国立競技場について、ネットでいろいろ見ていましたらこんな記事を発見しましたので紹介します。

 

Tokyo 2020: Design selected and nicknamed “the hamburger”

(筆者意訳)Tokyo 2020: 愛称ハンバーガーのデザイン

 

sutadiumDBというスタジアム専門のWEBサイトの記事です。2015年12月25日現在トップ記事です。このパースの色合いからすると、確かにハンバーガーに見えないことはないですね。。。

f:id:d-naka07:20151226001318p:plain

 

そして記事は、ザハ案が白紙にされたことにザハ本人が激怒していること、観客席の設計がザハ案に類似していること、ザハ案の青写真だと78100平方メートルで今回の案は72600平方メートルで大差がないこと、高さが70mから44mに抑えられたことも記事にしています。

 

以下原文引用

Hadid outraged after selection

Today’s decision prompted a heavy statement by Zaha Hadid, author of the scrapped design from 2012. The Iraqi-British author sees very strong similarities between her work and the winning bid, while also accusing the hosts of rejecting her design on unprofessional grounds.

“This shocking treatment of an international design and engineering team, as well as the respected Japanese design companies with whom we worked, was not about design or budget. In fact much of our two years of detailed design work and the cost savings we recommended have been validated by the remarkable similarities of our original detailed stadium layout and our seating bowl configuration with those of the design announced today”, Hadid’s statement reads.

Indeed, the difference in scale between the two designs is not colossal. Zaha’s stadium had a blueprint of 78,100 square meters, while the new one has 72,600 sqm. Façade height is 50m for Kengo Kuma’s work, while it was 44 meters for Hadid’s design (though the central roof arches would grow to 70m).

Below we give you cross-sections of the two designs to compare yourselves:

 

高さの件は、比較した図が掲載されておりわかりやすいです。

f:id:d-naka07:20151226003458j:plain

 

この記事を見ると、コンセプトの「木と森のスタジアム」という点はほとんど注目されていなくて、ザハ案からこう変わった、ザハがこう言う意見を持っているという見方での記事になっています。

 

折角「木と森のスタジアム」というコンセプトがあるのに注目されないのは残念ですが、まだデザイン段階です。実際に実物が完成した時に、海外の方も含めたどんな方でも「木と森のスタジアム」のコンセプトが体現できるスタジアムが完成することを祈るばかりです。

 

引用記事は下記サイトから引用

StadiumDB.com – Database of Football Stadiums