読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

高速道路最高速度120キロ化が交通秩序を変えるか?

 

こんにちは!

本日、警察庁から高速道路一部区間で最高速度時速120キロ化を可能にすることを決定した、というニュースがありましたね!

this.kiji.is

ついに警察が折れた!という感じです。

f:id:d-naka07:20160325011503j:plain

今までが現状に合っていなかった

というのも、現在は高速道路の最高速度は時速100キロですが、車の性能の向上と、道路規格の向上で、線形がよい首都圏近郊の高速道路は時速100キロ~120キロで多くの車が走行していることが常態化しています。

パトカーが高速道路を走っているのを見かけますが、周りが時速110キロで高速道路が流れていたら、パトカーもその流れを止めることはしていません。そのため、法定速度は少しならプラスで超えても構わないという暗黙のルールが出来上がっていました。更にそのプラスの幅が個人の自己解釈でばらばらになっていたので、法定速度は単なる目安になっていたように感じます。

いわば、現状では法定速度が有名無実化していたと言わざるをえません。

ようやく交通ルールが現状に追い付くか

最近できた新東名静岡区間は設計速度が時速140キロでつくられているので、本来は120キロで走っても安心な道路設計なのです。

こうした現状を踏まえたのか、今回ようやく警察庁が動き出したということでしょうか。

交通秩序を正常化させる

最高速度120キロ化が実現すると、法定速度を少しプラスでも超えても構わないという暗黙のルールがなくなるのではないでしょうか。

もちろんすぐには難しいかもしれませんが、120キロを超えたらきちんと取り締まるという体制に警察もすべきです。

個人の解釈にゆだねてしまう暗黙のルールが存在する方が危険なのです。

 

今後に注目です。