いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

仙台市内の音楽ホールまとめ

 

こんにちは!

仙台市では、新音楽ホール問題が定期的に取り上げられます。

仙台市としても今年度は調査費を計上し、新音楽ホール建設に向けての調査が進められています。

既存の音楽ホールは何がある?

仙台市都心部の音楽ホールで代表的なものをご紹介します。

東京エレクトロンホール

f:id:d-naka07:20160526014008j:plain

固定席/1590席 竣工/1964年 宮城県/宮城県民会館管理運営共同企業体(運営)

東京エレクトロンホールは、正式名称が宮城県民会館といい、宮城県主体の施設です。定禅寺通りに面しており、文化の発信という点では抜群の立地です。大物歌手もよく利用する施設で、仙台を代表する音楽ホールですが、とにかく古いのが問題です。

また座席数が2000に届いておらず、コンサートをする際のキャパとしては小さいといわれています。

電力ホール

f:id:d-naka07:20160526014027j:plain

固定席/1000席 竣工/1960年 民間/東日本興業株式会社(東北電力企業グループ)

仙台一番町にあり、仙台の一番の繁華街にあります。こちらも完成が1960年で古く、座席が1000席でキャパが少し小さいのが課題です。

仙台サンプラザ

f:id:d-naka07:20160526015258j:plain

固定席/2054席 竣工/1991年 仙台市/仙台サンプラザ株式会社(運営)

こちらは完成が新しく、収容数も2000を超えていますが、仙台都心部からはやや離れており、立地に難ありです。

仙台市が主体で建てましたが、赤字が続いたことから、現在は運営を民間が行っています。

円形のコンサートステージのためオーケストラのクラシック等は向いていません。

 

 このように仙台中心部には、ホールがいくつも存在していますが、音楽だけの音楽ホールがまだありません。

音楽ホールについては、今後に注目です。