いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、仙台のこと、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

imachizu!

ヨドバシ仙台第一ビル計画(ヨドバシ仙台タワー)の現状についてをまとめてみました!

 

こんにちは!

現在、仙台駅東口に面する超巨大な平面駐車場になっている、ヨドバシ仙台第一ビル計画の現状についてをまとめてみました!

f:id:d-naka07:20200203231557p:plain

ヨドバシ第一ビル予定地、Google Earthより

概要

場所は仙台東口に面しており、上のGoofleEarthの画像の中心の巨大な駐車場部分です。

面積は巨大で、敷地面積は約15,500平方メートルあります。広さのイメージとしては、錦町公園が約17,000平方メートルで同じくらいです。

これだけの広さの未利用地が仙台駅に面した立地にあるため、何の施設ができるにしても相当なインパクトになります。

計画の推移

現在、計画は最終決定し発表されているものはありません。

過去に、仙台市の環境影響評価(環境アセスメント)を実施しており、その際は「ヨドバシ第一ビル計画」という名称で計画されていました。当時の環境影響評価書に載っていた使用開始時期は2016年3月でした。

2018年10月に開業を延期

その後2016年10月に、開業を2018年10月に延期のする環境影響評価を仙台市に提出しています。

2018年2月の報道

その後、2018年に河北新報が、「新たにホテルを加えた商業施設として整備を検討している」と報道しました。

家電量販大手のヨドバシカメラ(東京)が、仙台市宮城野区のJR仙台駅東口の旧店舗跡に建設を計画している店舗兼商業ビル「ヨドバシ仙台第1ビル」について当初計画を変更し、新たにホテルを加えた商業施設として整備を検討していることが7日、分かった。早ければ2019年春にも着工し、21年後半の開業を目指す。ホテルは東急電鉄(同)の子会社東急ホテルズ(同)が運営する予定。

引用元: 河北新報

この時に、新ビルはホテルと一体となった20階建てとすることとし、開業は2021年後半に再度延期となることも報道されました。

 

2019年11月リンクス梅田開業時の報道

しばらく動きは無かったのですが、2019年11月に動きがありました。

ヨドバシホールディングスは、大阪駅に隣接したヨドバシカメラの巨大商業施設「梅田リンクス」が開業した際に「複合商業施設を3年内にも仙台、札幌にオープンさせる」という発表をしています!

ヨドバシカメラ/複合商業施設を仙台、札幌に出店

店舗/2019年11月13日

ヨドバシホールディングスは11月13日、複合商業施設を3年内にも仙台、札幌にオープンすると発表した。

<五鬼上大介梅田リンクス館長、安藤取締役>
五鬼上大介梅田リンクス館長、安藤取締役

同日行われた大阪駅北口「ヨドバシ梅田タワー」内の複合商業施設「リンクス梅田」内覧会で、ヨドバシ建物の安藤修一取締役が明らかにしたもの。

「リンクス梅田」は11月16日にグランドオープン。ファッション、食、サービスなど、様々な店舗が約200店舗出店、年間約5000万人の圧倒的集客力・コンテンツ力を誇るヨドバシカメラマルチメディア梅田と全フロアでつながることで、買物・過ごし方を広げる商業施設を目指す。マルチメディア館と合わせ、初年度売上高1700億円、来館者7700万人を目標とした。

<リンクス梅田>
リンクス梅田

また、今後「リンクス梅田」同様、仙台、札幌にも、家電量販にとどまらず、専門店を集積した複合商業施設を展開する。

幅広い層からの食、アパレル、家具、雑貨などの需要を取り込み、既存店へのテナントの入居、新規施設の建築など、各拠点で複合施設化を進める方針だ。

安藤取締役は、「3年以内をめどに複合商業施設を仙台、札幌に出店する。仙台は、駅前の既存店近くに土地を取得し新たなビルを建設。行政とも連携し、バスターミナル、ライブハウス、オフィス、ホテルなどが入居した複合施設を各種認可がおりれば早期に実現する」。

「札幌では、西武百貨店跡地に進出を検討している。札幌オリンピックや駅前再開発の需要を取り込み、こちらも地権者などの調整が済めば、早く取り掛かりたい。札幌一高いタワー建築を構想している」と話した。

引用元:ヨドバシカメラ/複合商業施設を仙台、札幌に出店 | 流通ニュース

この記事からは、「バスターミナル、ライブハウス、オフィス、ホテルなどが入居した複合施設を各種認可がおりれば早期に実現する」と発言しており、結構具体的な発言をしています。

一つ気になるのは、今回の「2019年11月から3年内」を言葉通りとると、2022年10月までに開業ということになり、開業がさらに後ろ倒しになったということです。

以前の報道では「早ければ2019年春に着工」となっていましたが、現状では着工しておらず、すでにそのスケジュールは無しとなっていると思われます。

 

現在の最新情報

現在は、この「リンクス梅田」での発言が最新情報で、バスターミナル、ライブハウス、オフィス、ホテルなどが入居した複合施設を2022年10月くらいまでに開業させる内容です。また、ホテルの規模が変更になっていなければ、20階建ての計画が生きていると思われます。

20階建てのホテルだと、ちょうど仙台駅西口にある「ホテルメトロポリタン仙台」が21階建てですので、ほぼ同規模と想定されます。

f:id:d-naka07:20200204004000p:plain

ホテルメトロポリタン仙台、Google Earthより

デザインは特に言及はないですが、ヨドバシカメラで標準化しているグレーの壁面かつ曲線のデザインになると思われます。

f:id:d-naka07:20200204004314j:plain

リンクス梅田、photoACより

まだ工事は始まっていませんので、今までの経緯からすると安心はできないですが、仙台駅に隣接する、巨大なエリアを平面駐車場にしておくのはもったいないです。

ヨドバシは札幌では「最高層を目指す」という発言をしており、ぜひ仙台でもその意気込みで計画してほしいです。驚くような正式発表を期待したいところです。

関連リンク