いまちず!

今、地図を広げよう! 地図好きによる、仙台+東北のこと、街のこと、旅のこと、乗り物のこと。

imachizu!

山形市中心地の再開発、現在進行中の「七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業」のまとめ

 

こんにちは!

山形市では、現在中心市街地で様々な新陳代謝が起きています。その一つが「七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業」です。今回はこの再開発を紹介します。

中心市街地でもかなり市役所よりに位置しています。以前ははセブンプラザがあったところです。2020年1月に閉店となった大沼デパートの斜め向かいといった方がわかりやすいかもしれません。

現在ここで、高層マンションと商業施設が建設されています。

外観イメージ

北側から

北側に隣接する町屋風の商業施設「七日町御殿堰」と同じ街並みデザインの商業施設が建設されます。

山形市の中心ですので、マンションだけではなくこうした品のある商業ゾーンが一緒に整備されると街に価値向上にも貢献しそうです。

f:id:d-naka07:20200718223848p:plain

七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業外観イメージ、山形市HPより

南側から

南側のマンションは「デュオヒルズ山形七日町タワー」という名称で、現在販売中です(2020年7月現在)。低層部、頂部にデザイン的なアクセントを入れており締まったデザインになっています。またマンションでありがちなバルコニー手摺が目立つデザインに感じないよう工夫をしており、全体的にいい感じです。

f:id:d-naka07:20200718224212j:plain

七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業外観イメージ、山形市HPより

【出典】七日町第5ブロック南地区市街地再開発組合の設立及び関係図書の縦覧について — 山形市役所

デュオヒルズ山形七日町タワーのHPにある外観イメージ

上記の外観イメージは山形市の公式HPに掲載されていたものですが、マンションのデュオヒルズ山形七日町タワーのHPには独自で完成予想図を周囲と合わせて描かれています。

f:id:d-naka07:20200718225440j:plain

七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業外観イメージ、デュオヒルズ山形七日町タワー公式HPより

【出典】デュオヒルズ山形七日町タワー【公式】|山形県山形市の新築分譲マンション

場所

場所は、山形市の中心エリア七日町で、以前はセブンプラザがあった場所です。北側には七日町御殿堰が、道路を挟んで西側には同規模のマンション「シティタワー山形七日町」が建っています。

また、大沼山形本店が斜め向かいにありましたが2020年1月に経営破綻し閉店してしまいました。マンション購入者としては複雑な気持ちかもしれません。

 

事業の概要

  • 事業名称:山形広域都市計画七日町第5ブロック南地区第一種市街地再開発事業
  • 施行者:七日町第5ブロック南地区市街地再開発組合
  • 事業施行期間 平成29年度から平成32年度まで(マンションは2021年3月竣工予定)
  • 施行面積 約0.4ヘクタール
  • 敷地面積 約3,110平方メートル
  • 建築面積 約1,810平方メートル
  • 延床面積 約16,280平方メートル
  • 規模 地上20階
  • 構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
  • 主要用途 商業、住宅(146戸)

※山形市HPより

全部が完成するのが2021年3月ですね。

 

山形県は百貨店が無い唯一の県になってしまいましたが、山形市ほどの都市規模であれば中心市街地には一通り揃っており住みやすいのではないでしょうか。また、除雪が不要なマンションは雪国では実は人気が高いとも聞きます。それもあってか、山形市中心部では他にもマンション供給が継続してあります。

こうした再開発で、大沼閉店の悪いイメージを吹き飛ばしてほしいです。

関連記事